« 日本GP レビュー | トップページ | MMD静画講座 ~影の付け方いろいろ~ »

2012年10月26日 (金)

生まれてはじめて同人誌

思えばもともと、ぼくは「同人誌」のなんたるやについてすら全く知らなかった。もちろんそういうものがどこかに存在していることは、単語を聞いた時点で想像は付いていたのだが、それがどういうもので何が書いてあり、どこへ行けば見られるのか、といったことはぜんぜん知らなかったのである。この同人誌というものが、趣味者が寄り合って特定のテーマのもとに字やら絵やらを書いて(描いて)イベントで売るものだ、ということを知ったのはごく最近になってからのことだ。ピクシブなどにごろごろしている絵の上手い連中の描く漫画やイラストは、好きな人にとっては商業流通している漫画や画集になんら遜色ない出来栄えに映ることだろう。だがぼくはいわゆる「デジ絵」は描かないし、同人誌の中核ジャンルである絵やイラスト、漫画といったものの製作にはとんと縁がない。日本にいてイベントに足を運べるような環境にもないので、同人誌を手に取るとか、ましてや作る側に回るなんざ考えもつかなかったものである。   
   
それが今年のはじめ、たしか4月ぐらいだったと思うが、例の「上海娘々賽車隊」のオーナー・各々氏の書いた原稿を見せられた。東方ネタの同人誌の原稿というが、いわゆる二次創作モノで、東方のキャラを使ってレース物語を書くという筋書きのものだった。ちょうどその頃、ぼくは虚構のレースもので何か文章を書くあてがないかどうか、とぼんやり考えていたのである (あてと言っても、最初からどこかに寄稿なんて考えていたわけではない。単に書いてみたいというだけ、せいぜいこのブログに晒しあげる程度のもんであっただろう)。ぼくは不覚にもこの話に食いついた。そしてなんと収録される文章の担当というおおきなケーキの切れ端を分けてもらうことに成功したのである。   
   
話の大筋のテーマはグループCのスポーツカー・レースで、その中でぼくはC1クラスとC2クラス、それぞれ一本ずつ書くことになった。もともとぼくの守備範囲は同じ時期のF1だったので、最初の方は書きながら勉強しているという感じが拭えなかったものである。F1レースはどんなに長くても時間にして二時間、六十周前後走れば終るが、スポーツカーの耐久レースは一レースの中でドライバーをふたり、三人と交代させながら五時間ぐらいも走るのである。ぼくの文章は二本とも、レースウィークの三日間を書ききる内容を注文されたので、けっきょく二時間分のドラマが五時間のレースの中に分散配置してあるような感じになった。耐久レースというのはよく自動車レースの中でもとびきり玄人好みなジャンルといわれるが、それは多分F1やGTレースのようにドラマが凝縮されていないからではなかろうか。ぼくだったら、いくらトヨタの優勝がかかっていると言われたところで、寒風の吹く富士スピードウェイのスタンドに五時間も六時間もすわっているのはなるべく遠慮したいと思ってしまうことだろう。   
   
ただ、手前味噌というか、ぼくがこんなことを言うとどうしても自慢話になってしまうのだが、ボリュームには自信がある。なにしろレースだけでなく、フリー走行の経過から予選バトル、五時間のレース、すべてを一篇の文章に納めるのである。最初に書いた文章は字数にして二万字近い長さだった。あまりの長さに各々氏が悲鳴を上げて、「紙面に収まらないからなんとかして削ってくれ」とソフトな叱責を受けたほどである。その後、感覚的にはかなりの部分を削ったり書き直したりしたのだが、それでもぼくの文章はいちばん誌面を食っているような感じである。小説でも写真でも、ほんとうに巧い人は「引き算」の考え方、すなわち何が最終的に必要なのかを見極めて、それ以外の贅肉を削ぐのが上手いといわれているが、ぼくなど正反対である。言い訳をするわけではないが、文章をどんどん削っていくと、説明不足なのではないか、これで読者に伝わるだろうか、この描写は削らないほうがいいのではないかといった不安がつぎつぎに出てきて、それを振り切るのはなかなかこれはこれで精神的にきつい仕事なのである。また、直截的な描写、文体の部分はだいたいこのブログに書いている文章と似た感じにしている。自分で読み返してみてつくづく思ったが、なんとまあ「硬い」文章である。レースというのはスポーツの中でもかなりハードな部類だし、このぐらいでちょうどいいのかもしれないが。   
   
かんじんの本はすでに大詰めの段階に入っていると見ていいだろう。ことここに至ってもまだ重箱の隅のようなちいさい修正の依頼を出しているぼくは、作者としてはかなり編集者泣かせの部類に入るのだろう。ぼくがはじめて「一枚噛んだ」この同人誌、何事もなければ11月4日(1100時~1500時)に宮城県・夢メッセ宮城にて開催される「東方幻仙郷」というイベントでシェイクダウンされる予定である。書名「Feerico Autotechnica」(Feericoというのは伊語で「幻想」とか「寓話」とか、そういう意味だという)、スペース「ア29」にて出展している「上海娘々賽車隊withこたきつね」サークルにて一部300円で販売される予定だ。ぼくはその日はマレーシアにいるのでじっさいにサークルに立つのは無理なのだが、それでも自分が文章を書いた本(? 52pなので本というか雑誌に近いか。ちなみにこのpg数でこの価格は相場よりひとまわり下、らしい)が衆目に触れるのはすこしばかり気持ちのいいものである。というわけで、このブログを幸運にも発見し、自動車レース・東方というふたつのジャンルに多少なりとも興味があり、当日宮城県まで足を伸ばせるという人はぜひ立ち寄ってほしい。そして願わくばぼくにフィードバックしていただければ幸いに思う。最後に、サークルのオーナーである各々氏にはあらためて謝意を示したい。ぼくなんか文章を書き散らかしているだけのお気楽な立場だが、オーナーともなると編集、レイアウト、締め切りの催促、エントリー、何から何までやらなきゃいけないのである。そうなったら、とても事務仕事の苦手なぼくの手に負える仕事ではないのだから…。

« 日本GP レビュー | トップページ | MMD静画講座 ~影の付け方いろいろ~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1322474/47597651

この記事へのトラックバック一覧です: 生まれてはじめて同人誌:

« 日本GP レビュー | トップページ | MMD静画講座 ~影の付け方いろいろ~ »

フォト
無料ブログはココログ

リンクリスト

  • Kumaryoong's Paddock
    ソビエト時代の東側諸国におけるモータースポーツ活動について書かれているたいへん誰得なブログ (褒め言葉)。この辺の史料を日本語でまとめたサイトって史上初かもしれません。
  • 作った静止画一覧
    主にMMDで作った静止画を上げています。最近はこっちの頻度のほうが高いですね。
  • Racing Sports Cars
    ル・マンや旧WEC/WSPC/SWC、さらには旧WCMなど、スポーツカー・レースの参戦車両の膨大な資料写真を有するサイト。ドライバー別・車種別検索機能完備。F1もちょびっとだけあります(70年~82年)。
  • F1-Facts
    1950年イギリスGPより、F1に関する全記録を蒐集・公開しているサイト。各年度リザルトページからマシン一覧・写真ページに飛ぶことができます。あなたの知らない名車に出会えるかも。IEは右クリックでの画像保存が出来ないので、PCに保存する際はFireFoxなどを使用してください。
  • 誰得 (boulog)
    謎多きF1マニア(?)、bou_ckさんのブログ。「Wikipediaに載ってないような脳内資料置き場」を標榜するだけあって、その名に恥じぬディープ過ぎるF1マシン解説!Wikiどころか、ネット上にもそうそう無いようなマシンが目白押し。ちなみに「誰得」とは「誰が得するんだこんなもん」的意味合いのフレーズ。 2015.12.13追記: このほどYahooブログからfc2ブログに移転されました。
  • 作ったもの一覧。
    私の動画作品一覧です。気力の低下と更新頻度の低下はすべからく連動しています。
  • アカクテハヤイ フェラーリエフワン
    沖縄在住のフェラリスタ、Shigeoさんのブログ。1日1更新(原則)でフェラーリのさまざまな話題を取り扱います。レア物のフェラーリミニカー募集中だそうな。
  • METMANIA
    私の作るペーパークラフトの大半はここからきています。ヘルメットのぺパクラって多分ここにしかありません。