« 新春いっぱつめ記事 | トップページ | F1シートの価値 »

2013年1月14日 (月)

MMD静画講座 ~フォトショップによるエフェクトがけの一例~

さて、今年一発目の講座記事は、泣く子も黙る超ハイエンド万能ソフト・フォトショップを利用したMMD静画の「味付け」を行います。味付けとはいっても、別にいきなりとんこつ味とかみそ味とかをつけてしまうわけじゃなく (味の方向性というか、味噌ベース・醤油ベースといったものは絵の雰囲気で決まるところが多いので、その辺は各自の感性によるところです)、単に仕上げに塩コショウとかウェイパーとかをちょっと入れる程度のものですが。その程度の仕事にフォトショップなんぞ持ち出すのは勿体無いかもしれませんが、あくまで一例ということで、他のソフト (GIMPとか) にこの方法を応用しても一向に構いません。今回の記事で、静止画にエフェクトを掛けるというプロセスがどういうふうに行われるのかを理解していただければ幸いです。今回はこの静画の製作工程をもちいて説明したいと思います。





00

フォトショップで画像を読み込みます。今回、モデルと背景画像を別々に加工してフォトショップ上で合成していますが、この構図なら一体出力してしまっても大丈夫でしょう。ちなみに、一番上の色調補正レイヤーを右クリックして「クリッピングマスクを作成」を選択すると、補正内容が調整レイヤー直下のレイヤーにしかかからなくなります。この画像の場合、ミクさんのみを補正して背景はそのままにしておく、という具合。




01

別体出力の弊害というか、このミクさんはMMEの関係で背景を黒くして出力しているんですが、そのフチ部分がちょっと荒い感じです。これをぼかしツールで地道にごしごしぼかしていきます。







02

特にこの場合、ポートレート特有の被写界深度の浅さを出すために、ミク側にもDOFエフェクトをかけているので (背景画像は85ミリのf=1.4)、カメラから最も離れる赤丸の部分を多めにぼかして雰囲気を作ります。







03

クリッピングしてあったトーンカーブレイヤーとミクレイヤーを結合します。その後、「イメージ」→「色調補正」→「トーンカーブ」をクリックします (調整レイヤーとはまた違う補正)。







04

赤丸で示した部分のスポイトアイコンをクリックして、写真の中で一番「白い」部分をクリックします。デジカメでいうところのWBキャリブレーションというヤツです。







05

今回の場合、フォトショップに持ち込む前にすでにかなり補正してあるのであんまり影響はありませんが、たとえば実写画像の補正を行う時に重宝する機能です。次に「調整レイヤー」から「グラデーションマップ」を選択し、レイヤーを追加します。






06

こんなんなっちゃいますが気にしません。グラデーションの色はここでは「ブルー/イエロー/ブルー」を選択しています。








06a

グラデーションマップレイヤーの透明度を下げます。おおむね5~15%ぐらいが妥当な線じゃないかと思います。このレイヤーのグラデーション色と透明度によっていろいろ表情が変わります。写真は「オレンジ/イエロー/オレンジ」で暖色系に振った所です。






08レイヤーパレット上のパネルからトーンカーブレイヤーを追加し、グラデーションマップレイヤーの下にドラッグで持ってきます。微調整用です。








09背景レイヤーをダブルクリックしてレイヤー化します。背景レイヤーはいろいろといじれないので、レイヤー化して自由に加工できるようにするためです。








10右クリックから「レイヤー効果」を選択し、「シャドウ(内側)」を選択します。セッティングは概ねこの画像の通りにやってください。








11

次に「グラデーションオーバーレイ」。セッティングは写真のとおり。この辺の設定は海外フォーラムのチュートリアルから引っ張ってきてますが、要するにレンズのケラレ的なエフェクトを増幅するためのものです。







12

一番上の「グラデーションマップ」レイヤーにレイヤーマスクを追加し、ミクさんの顔の部分を透明度20~25%のソフトブラシで黒く塗ります。色調系のエフェクトをかける際には必ずといっていいほど行うプロセスですが、顔の質感があんまり大きく変わるのを抑制するのが目的です。エフェクトレイヤーのレイヤーマスクを黒く塗った部分が、塗りの「黒さ」に比例してエフェクトが中和される (エフェクトが非表示に近くなる) からです。真っ白で100%表示、真っ黒で100%非表示で、どこまで表示するかをこの場合はブラシの透明度でいじっているわけです。


13

その上にダメ押しのトーンカーブレイヤーを置いて最後の調整。この一枚だけで三枚もカーブをかけていることがわかります。








Circuito de Madrid_2E

さらにエフェクト追加 (グレイン、彩度) して完成形にしたものがこれ。キモはグラデーションマップの部分のグラデ色で、たとえば「緑/黄/緑」や、「紫/ピンク/黄」など、色を変えることで劇的にトーンを変えることができます。














以上で今回の講座は終了です。今年もわが静画群をよしなにお願いします。

« 新春いっぱつめ記事 | トップページ | F1シートの価値 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1322474/48747306

この記事へのトラックバック一覧です: MMD静画講座 ~フォトショップによるエフェクトがけの一例~:

« 新春いっぱつめ記事 | トップページ | F1シートの価値 »

フォト
無料ブログはココログ

リンクリスト

  • Kumaryoong's Paddock
    ソビエト時代の東側諸国におけるモータースポーツ活動について書かれているたいへん誰得なブログ (褒め言葉)。この辺の史料を日本語でまとめたサイトって史上初かもしれません。
  • 作った静止画一覧
    主にMMDで作った静止画を上げています。最近はこっちの頻度のほうが高いですね。
  • Racing Sports Cars
    ル・マンや旧WEC/WSPC/SWC、さらには旧WCMなど、スポーツカー・レースの参戦車両の膨大な資料写真を有するサイト。ドライバー別・車種別検索機能完備。F1もちょびっとだけあります(70年~82年)。
  • F1-Facts
    1950年イギリスGPより、F1に関する全記録を蒐集・公開しているサイト。各年度リザルトページからマシン一覧・写真ページに飛ぶことができます。あなたの知らない名車に出会えるかも。IEは右クリックでの画像保存が出来ないので、PCに保存する際はFireFoxなどを使用してください。
  • 誰得 (boulog)
    謎多きF1マニア(?)、bou_ckさんのブログ。「Wikipediaに載ってないような脳内資料置き場」を標榜するだけあって、その名に恥じぬディープ過ぎるF1マシン解説!Wikiどころか、ネット上にもそうそう無いようなマシンが目白押し。ちなみに「誰得」とは「誰が得するんだこんなもん」的意味合いのフレーズ。 2015.12.13追記: このほどYahooブログからfc2ブログに移転されました。
  • 作ったもの一覧。
    私の動画作品一覧です。気力の低下と更新頻度の低下はすべからく連動しています。
  • アカクテハヤイ フェラーリエフワン
    沖縄在住のフェラリスタ、Shigeoさんのブログ。1日1更新(原則)でフェラーリのさまざまな話題を取り扱います。レア物のフェラーリミニカー募集中だそうな。
  • METMANIA
    私の作るペーパークラフトの大半はここからきています。ヘルメットのぺパクラって多分ここにしかありません。