« MMD静画メイキング: MMDとはなんだったのか | トップページ | 2013年F1 開幕直前スペシャル »

2013年3月 5日 (火)

第10回MMD杯総括

さて、さる1月18日に予選が開始され、そこから1ヶ月半近くに渡って開催された第10回MMD杯。今回の参戦において、ひとまずは決勝に2本の動画を進出させ (投稿のことですな)、それぞれ3月4日20:00時点で「6922再生/215コメ/632マイリス」、「2614再生/36コメ/76マイリス」を達成することができました。サポートカーの不振を尻目に個人ベストを達成したファーストカーに拍手を贈りたい気分です。再生、コメント、マイリスト、宣伝してくださった視聴者の皆さんには大きな声で乾杯を。「ゴウランガ!」



さて、動画の解説です。左のメイン動画、じつは前回杯の途中で浮かんだネタですが、その後つぎつぎに対抗馬が浮かんできて、けっきょく行動を起こしたのは去年末という始末でした。やってることは至極簡単というか、単にいつも動画で見せているMMD静止画を一度紙に焼いて、それをさらに写真にとる、といった具合。GT5はいいかげんフォトトラベルのロケがネタ切れしだしたので、ホコリをかぶっていたGT4とPS2本体を引っ張り出してきてパシャパシャ撮ってました。GT4はロケが多く、背景のバリエーションを広げられて助かりますが、カメラの使い勝手が悪いのと、マイドライバーがいないので、GT5のようにスムーズには進みませんでしたね。以前ブログで書いた日本旅行の際に紙に刷った写真を持参していき (出発日の午前4時まで延々作業を行なっていました…)、外出のたびによさげな場所を見つけては撮る、見つけては撮る、を繰り返しました。Untitledむろん動画制作のために周囲一帯を封鎖するようなご身分じゃないので、公衆の面前です。人目をはばからずバシャバシャ変な写真を撮り続けたわがプライドにも拍手…。秋葉原の歩行者天国で撮ったのもあるんですが、行き交う群衆を尻目にいきなり屈みこんで (左図参照) 撮ったカットをボツにする時はさすがに (心のなかで) 滂沱の涙を流さざるを得ませんでしたね。えーBouさんすみませんでした。ちなみに動画説明文の部分で「Special Thanks」としてBouさんがクレジットされていますが、動画1分11秒ぐらいのところのカットで、写真を持っている状態の人がBouさんです。あのカット、臨時に思いついたのでもうちょっとリファインの余地があるというのか、イメージと違うんですよね…。でもまあいいや。

音楽は攻殻機動隊サントラより大好きな曲を。この動画、じつは音楽がなかなか「スポットにはまらず」何度も曲を変えては上げ直すハメになりました。そのせいで致命的なエラーをひとつ見落としてしまいまして…。担当投稿者はケジメのためにセプク・リチュアルを行いましたのでやすんぜよ。ロケはぜんぶ日本です。マレーシアロケも出来ればやってみたいですが、暑さと移動の問題でちょっと難しい気もします。まあ、日本ロケを行ったことで日本人視聴者に訴求するナニカを加えることが出来た、というふうに考えることにしませう。ひとつ残念というか、やり残したことがあるとすれば、事前にテストプリントをやっておかなかったので、紙に焼いた時の写り具合 (どこが飛ぶ、どこが潰れる、etc) までチェックできなかったんですね。なので見せたい部分が潰れてたり飛んでたり、といった写真がちらほら出てます。まあ製作スケジュールがかなり緊迫してたので、どのみち修正は出来なかったかもしれませんが。

次は右のサポートカー。日本でぜぶらさんにお会いした際にけっこう1052モデル関係のお話をしたのですが、その話をきいてなんというのかな、今まで東方動画にかまけてミクさんのほうをほっぽり出していた自分の製作体制を見直したくなって、その結果の動画です。音楽は「kk2」氏作「声」、序盤のブレス地獄などかなり前衛的な曲です。ビデオ部分はかなり実験要素というか、試したかった演出など含んでいるのですが、おおむね好評のようで良かったですね。しかしマイリス100以下とは、宣伝不足もさることながらやはり根本的に出来が悪かったんだろうなあ…。もともとレースの世界でのサポートカーというのは、ファーストカーがポシャった場合の保険要員としての性格もあるので、ファーストカーが元気に走っていれば事実上サポートカーの役目はないんですよね。むろん動画の世界ではそれほどエグい序列は付けませんが、どうしても宣伝などで後手に回ってしまいがちだったということでしょう。これも御多分にもれず超強行スケジュール下での製作でした。前日午前1時に実作業をはじめて、翌日正午過ぎまでぶっ通しで作ってました…。

さて、以下コメ返し。長いので格納しています。まずは左の動画から、続いて右の動画です。


(予選版)
>白黒でも綺麗な幽香ちゃん
んだんだ。ゆうかりんはホント「綺麗」という言葉が似合うキャラ。名前の字面すらうつくしい。

>そう言えばモデルだと昔と今、未来の車を並べられるんだよなぁ
そういやそうですね。GTのフォトモードは複数台並べては撮れません (レース中など以外) からね。ネタ帳の片隅にでも書き留めておきましょう。

>ちょっと短すぎかな・・・もうちょい数あれば「いつも」って感じられるけど
ううむ。予選というのはぼくにとってはそういうものというか、あくまで「今回も出るだァよ」と表明する場みたいに考えてますからね。それに今回の場合、本選のネタをギリギリまで秘匿しておきたかったので (サムネでネタバレしているという理由で本選動画をギリギリまでマイリストに入れなかったくらい)…。

>おお、「32mm~」の人か!
そうですそうです (前回杯参照)。覚えていてくださって身に余る光栄です。「ユウジョウ!」

(決勝版)
>映像と車種と、センスが良いね!
車種、今回はかなりこだわりましたよ。ぼくの選んだGT4ベストオブベストといってもいいぐらい。個人的な思い入れで選んでいるので時々とっちらかった車が出てきたりしたかもしれませんが、まあそこは好みの違いということでひとつ…。

>なるほど、写真として出力することで『現実感』を加味するのか
それが今回の狙い。画像自体の出来がそんなに良くないのであれば、画像ごと「写真化」してしまって無理やり現実にしてしまえ、です。

>選曲センスもいい
曲の差し替えで何度も上げ直した甲斐があったというものです、はい。菅野よう子の曲が登場するのって初めてじゃない気がしますが覚えてないや…。

>もうすこし一枚一枚じっくり見てみたいな
ううむ。表示時間いまいち短すぎたかな。なんというか、製作者の悲しい性とでもいうべきもので、どうしてもやってるうちに自信がなくなって来て「あぁ、あんまり長く見せたらボロが出る」なんてつまらぬことを考えてしまうのです。克服したいねえ。

>これ実物として欲しいくらいだ
実物はまだぼくが持ってますが、外套のポケットに突っ込んであちこち歩き回っていたのでイナバウアー並にエビ反ってしまってます。それでも欲しいという方がいればサインしてナニカの機会にお渡ししましょうか…w。

>詩的なMMD
>詩的か。そういう表現が似合う
ありがとうございます。

>ミゼットダヨー
今回のコメントMVP。あなたです。

>写真で見るとSカーでもマシに見えるものだなあ……
Sカーというか、この場合GT4ですからね。それと構図的に車が脇役に徹している、あまり車自体にクロースアップしないカットが多いのでそう見えるんでしょうな。

>このへん背景が日本だな
どのへんでも日本です…w。

>発想が神すぎて涙出る
コメントがありがたすぎて涙出る

>動かすだけがMMDじゃないな、素晴らしい
動かすのめんどくせぇ…w

>写真の中のリアルと、写真の外のリアルの間にいるMMDモデルか
リアル二段重ね。そんな感じですね。

>完全に実写だこれ(背景)
実写だねえ。

>スライドショーで見たいので画像をZIPでうp希望
EX動画/静画に合わせてこんどこそどっかにうpしようかな…とは思いますが、かんじんのネタがないんだな。うん。(´・ω・`)

>こういう表現はありそうでなかったなあ
なかったからこそ、やる気になったわけです。なまじ手のこんだことをやってるわけじゃないだけに、たまたま同じ発想の人が出てきて一世一代のネタが被ったらどうしよう、などといらぬ心配をしておりました。ある意味コロンブスの卵的な発想ですよねえ。

>静画になかったけか全部
全部ではないですが、いくつか静画に上げた絵から引っ張ってきてるものがありますね。あと8回杯の時の (ちょっとでもミク要素を入れたかった)。

>あ、なるほど、フォトジェミック写真がある風景を撮ったってことか!写真の中の写真に後からMMD合成したかと思ってたw
ぼくにはそんな高度な合成はできないにゃ ((≡゚♀゚≡))

>ポストカードとして売れる ってか買う気になってしまう
えええそんな…w。話は変わりますが、じつは以前、同業者 (静画屋さん) 数人とTwitterで「こういうフォトジェミック作品の写真集を同人で出さないか」的な話をしたことがあります。あの時は単なる雑談で終ってましたがじつはぼくはかなり本気で、いつかそういうものを出してやりたいなと思ってるんですよね。当面の問題は、MMDモデルのほとんどが商用利用を許可していないので、そういう本を出すにあたって個別に使った分のモデル作者全員に許諾を取りに行かなきゃいけない労力、ということかな。

>alwaysはwasのあと (筆者注・副題「There always was a car」についてか)
いや、この状態でも英語としてはあってます。細かい文法はほっぽり投げてるのでわからないんですが、とにかくこういう言い回しも「あり」なんですね。日本人はなんというか、文法だけで英語を喋ってるような気がしてなりませんが、元来言葉というのはルール (文法) だけで喋るもんじゃないと思うんですよね。日本国内におる限りは英語なんて月に一度ぐらいしか使わないだろうから仕方がないのでしょうけれど。

最後にこのコメントを。
>車好きに贈る動画かw
まさにそうです。車好きが作った車好きのための動画。


>未完なのかな?
おそらく投コメへの突っ込みと思われます。未完というのを意識しての投コメじゃないですが、完成度はそんなに高くはなかったかもしれませんね…。やはり「動きもの」はツライ。

>なんかサイレントヒル的世界観だな
曲の感じがああですからね。なんとなくこう、戦争映画みたいな感じを意識してましたが、なるほど静岡か…。

>ああ、曲の感じがうまく出てるなあ…
ありがとうございます。どうしようもないように見えるこの動画にも、そう言ってくださって嬉しいであります。

今のところ、次回杯への参戦は一切未定なのですが、夏ごろに開催されるであろう東方イベントと合わせて、なんとか一本だけでも参加はしたいところです。EX動画/静画のほうも、時間を見て上げたいと思いますので、気長に待っていてください。では、次の杯まで、「オタッシャデー!」

« MMD静画メイキング: MMDとはなんだったのか | トップページ | 2013年F1 開幕直前スペシャル »

コメント

まさか本当に動画に出てくるとは思わなかった。

>えーBouさんすみませんでした。
ア゛ッ… ⊂(´◓Д◔`)⊃

>あのカット、臨時に思いついたのでもうちょっとリファインの余地があるというのか、
>イメージと違うんですよね…。でもまあいいや
ア゛ア゛ァァーッ!?

名前忘れてましたがbou_ckです(´◓Д◔`)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1322474/50400602

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回MMD杯総括:

« MMD静画メイキング: MMDとはなんだったのか | トップページ | 2013年F1 開幕直前スペシャル »

フォト
無料ブログはココログ

リンクリスト

  • Kumaryoong's Paddock
    ソビエト時代の東側諸国におけるモータースポーツ活動について書かれているたいへん誰得なブログ (褒め言葉)。この辺の史料を日本語でまとめたサイトって史上初かもしれません。
  • 作った静止画一覧
    主にMMDで作った静止画を上げています。最近はこっちの頻度のほうが高いですね。
  • Racing Sports Cars
    ル・マンや旧WEC/WSPC/SWC、さらには旧WCMなど、スポーツカー・レースの参戦車両の膨大な資料写真を有するサイト。ドライバー別・車種別検索機能完備。F1もちょびっとだけあります(70年~82年)。
  • F1-Facts
    1950年イギリスGPより、F1に関する全記録を蒐集・公開しているサイト。各年度リザルトページからマシン一覧・写真ページに飛ぶことができます。あなたの知らない名車に出会えるかも。IEは右クリックでの画像保存が出来ないので、PCに保存する際はFireFoxなどを使用してください。
  • 誰得 (boulog)
    謎多きF1マニア(?)、bou_ckさんのブログ。「Wikipediaに載ってないような脳内資料置き場」を標榜するだけあって、その名に恥じぬディープ過ぎるF1マシン解説!Wikiどころか、ネット上にもそうそう無いようなマシンが目白押し。ちなみに「誰得」とは「誰が得するんだこんなもん」的意味合いのフレーズ。 2015.12.13追記: このほどYahooブログからfc2ブログに移転されました。
  • 作ったもの一覧。
    私の動画作品一覧です。気力の低下と更新頻度の低下はすべからく連動しています。
  • アカクテハヤイ フェラーリエフワン
    沖縄在住のフェラリスタ、Shigeoさんのブログ。1日1更新(原則)でフェラーリのさまざまな話題を取り扱います。レア物のフェラーリミニカー募集中だそうな。
  • METMANIA
    私の作るペーパークラフトの大半はここからきています。ヘルメットのぺパクラって多分ここにしかありません。