« 2014年12月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年1月

2015年1月17日 (土)

2015年いっぱつめ/第14回MMD杯予選

新年早々ご無沙汰して申し訳ありませんでした、Simacherです。じつは三が日後ぐらいに記事書けばいいやと思ってたら風邪を悪化させてしまい、しばらく寝込んでおりました。というわけで今回、新年のアイサツもそこそこに、今回開催される第14回MMD杯のぼくの動画の解説記事をもって2015年をキックスタートしたいと思います。動画はこちら。



動画をご覧になった方はわかると思いますが、今回の主題は「モータースポーツ」。もともとぼくの「本業」だし、いつか本格的に取り組んでみたかったテーマでもありますね。いままでグランツーリスモシリーズで「自動車と女の子」の構図は何度もやってきましたが、市販乗用車を排した、完全な「モータースポーツ・シーン」で作るのは今回がはじめてです。

写真はすべてぼく個人所有の1/43スケール・モデルカーを使用しての撮影で、そこにMMDモデルを合成しています。このスケールのレースカーだとだいたい全長80mm~100mm前後のサイズなので、普通のカメラで撮影すると被写界深度がけっこう厳しいんですが、まあそこは構図や編集でどうにかしていきましょう。主にスパークモデル・ミニチャンプス・ときどきQ-MODELといったラインナップで、手持ちのモデルの関係でF1とスポーツカーしか出てきません。最終的に両者が同じぐらいの枚数になるように調整したいですが、実際に持っているのはスポーツカーのモデルがかなり多いです。

今回の手法で意識したというか、根底にある考え方のひとつに、「戦車模型のジオラマ」があります。戦車や航空機など、いわゆるミリタリー模型の世界では、たとえば「沃野のただ中、砲を掲げて突進する戦車」とか、「激しい市街戦のさなか、瓦礫の山と戦車のあいだでつかの間の休息を貪る兵たち」といった、見ているだけで想像をかき立てられるような大作・力作ディオラマが多数存在しますが、レースカーでそういった作品を不思議とみたことがありません。そういった作品を見ることで、たとえば戦車戦の歴史に対する知識を蓄えるきっかけになったり、ジャンルの振興にはとても有為だと思うので、今回それのモータースポーツ版をやってみたわけです。戦車模型だと背景の街並みや木々まで作りこむ人が多いのですが、今回は主に時間の制約でそういった小道具を用意できず、「車と人」のみの絵ですが…。

特に今回、タイトルにもあるように、レースカーを実際に支えているメカニックやエンジニア、そういった部分にフォーカスを当てた絵を集中的に見せたいと思っています。また戦車の話で恐縮ですが、たとえば戦車だったら、華々しく敵戦車や陣地に向けて砲撃しているシーンとか、勇ましく進撃するシーンなんかが華になるわけですが、一方で休息する戦車兵とか、撃破されて打ち捨てられた戦車とか、そういう躍動と躍動の狭間にある「一瞬の間」みたいなシーンがぼくは大好きなんです。そういうシーンは、えてして人間の情感とか、場の空気とか、そういうものがにじみ出てくる絵が多い気がするのです。レースカーで言えば、コース上で全力疾走していた車がピットに飛び込んできて静止する。メカニックがそれに飛びついて、タイヤ交換や応急修理やらの作業を懸命にすすめる…。あるいは、大事な予選タイムアタックの直前、エース・ドライバーをコース上に送り出さんと車の脇で待機するメカニック。頃合いを見計らい、そのメカニックたちに手サインでパッと指示を出すエンジニア…。そういう、静寂のなかの激動、みたいなものをどうしても伝えたいのです。モータースポーツというと、もちろんレースカーが速くて格好良いのもそうですが、あれの格好良さの大半を、ぼくはそういった「間合い」の中に見出すのです。

音楽はたぶん予選と決勝で変えることになると思いますが、今回の予選版はDollie De Luxe「The Waltz Arias」という曲で、ブリジストン・ポテンザの1988年版テレビC/Fに使われたものです (最後のしゃべりもこのC/Fから)。このコマーシャル、モータースポーツ好きの琴線にズバズバ踏み込んでくるような映像で、おそらくぼくが見た日本のコマーシャルのなかではいちばん好きな映像です。ラストの台詞、あれはまさにぼくの心境を代弁しているようですね。これからもモータースポーツ・ファンであり続けたいと思います。 すでにモータースポーツ・ファンである方が、今回の動画を見てその思いを新たにしてくれれば幸いですし、あまりモータースポーツのことを知らないという方も、これをきっかけにこのすばらしいスポーツに興味を持つようになってくれればと願っています。

あまり多く書くと決勝終了後に書くネタがなくなりそうなので、今回はこの辺で。予選動画のマイリスト登録による投票も、よろしくお願いします。それでは、MMD杯決勝動画の記事でお会いしましょう。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年4月 »

フォト
無料ブログはココログ

リンクリスト

  • Pixivページ
    自分の描いた絵を置いておく倉庫。当初ニコ静との並行運用だったが今はこっちがメイン (多分…)。更新頻度は高くない。同人イベントの参加情報とかも投下される。
  • Kumaryoong's Paddock
    ソビエト時代の東側諸国におけるモータースポーツ活動について書かれているたいへん誰得なブログ (褒め言葉)。この辺の史料を日本語でまとめたサイトって史上初かもしれません。
  • 作った静止画一覧
    主にMMDで作った静止画を上げています。最近はこっちの頻度のほうが高いですね。
  • Racing Sports Cars
    ル・マンや旧WEC/WSPC/SWC、さらには旧WCMなど、スポーツカー・レースの参戦車両の膨大な資料写真を有するサイト。ドライバー別・車種別検索機能完備。F1もちょびっとだけあります(70年~82年)。
  • F1-Facts
    1950年イギリスGPより、F1に関する全記録を蒐集・公開しているサイト。各年度リザルトページからマシン一覧・写真ページに飛ぶことができます。あなたの知らない名車に出会えるかも。IEは右クリックでの画像保存が出来ないので、PCに保存する際はFireFoxなどを使用してください。
  • 誰得 (boulog)
    謎多きF1マニア(?)、bou_ckさんのブログ。「Wikipediaに載ってないような脳内資料置き場」を標榜するだけあって、その名に恥じぬディープ過ぎるF1マシン解説!Wikiどころか、ネット上にもそうそう無いようなマシンが目白押し。ちなみに「誰得」とは「誰が得するんだこんなもん」的意味合いのフレーズ。 2015.12.13追記: このほどYahooブログからfc2ブログに移転されました。
  • 作ったもの一覧。
    私の動画作品一覧です。気力の低下と更新頻度の低下はすべからく連動しています。