« ポルシェ962C・終りのクロニクル 「終章・1994」 | トップページ | 白い鴉 ~ポルシェ・インディー・プロジェクト (1980)~ »

2016年1月 1日 (金)

2015年総括+2016年いっぱつめ

新年あけましておめでとうございます。主筆のSimacherです。2015年大晦日は朝から晩まで忙しく、記事を書く時間が取れなかったので、今回両記事を統合してお送りします。本稿を執筆している日本時間00:32は、マレーシア時間 (日本時間の一時間遅れ) ではまだ年が明けていないタイミングなので、そういう意味でも妥当な判断でしょう。   
   
モータースポーツの話ですが、個人的な印象として2015年は「スポーツカー・レースが面白かった一年」だと思いました。F1はF1でマクラーレンやマノーなど見所はあったのですが、WECにおけるポルシェの速さのすさまじいことすさまじいこと。ル・マンの予選一日目でいきなり3'17''台のタイムが出た時は仰天しました。1985年大会でジャッキー・イクスのポルシェ962Cによって樹立された絶対レコードが3'15''台なので、それに迫るタイムです。1985年はユノディエールが6000mのストレートであったことを忘れてはいけません。2015年のポルシェ919はまちがいなく歴史に残る車でした (私事ながら、2015年WEC富士に観戦に行ったのですが、ポルシェの低速コーナーからの立ち上がりのすばらしいことといったら、表現する言葉を持ちません)。そして劣勢の中、王者の矜持をもってポルシェに敢然と挑み最後まで戦い抜いたアウディ・ヨースト、彼らの戦いもすばらしかった。トヨタは新型車に期待でしょう。ニッサンのプロジェクトは奮戦およばず無残な結果になってしまいましたが…機会があればこれも記事を立てて詳記したいところです。   
一方で、2014年日本GPの大クラッシュいらい長く孤独な戦いをつづけていたジュール・ビアンキが、さる7月ついにその歩みを止め神の御下に召されたこと、そのひと月後にインディーカーでジャスティン・ウィルソンが他車から外れ落ちたパーツを頭部に受け事故死したこと、秋口に松本恵二が病死したことなど、例年通りと言ってはそれまでですがくらいニュースも見受けられた一年でした。ビアンキの死は、F1においては二十年にわたる安全神話 (そのようなものが存在したとしたら) の崩壊を記すもので、各方面に重く受け止められましたが、ぼくはショックでしばらく虚脱状態のようになっていました。ビアンキは2014年モナコGPで、崩壊寸前のチームに9位・2ポイントをもたらすなど、才能に恵まれたドライバーであり、遠からずフェラーリのシートは確実とまで噂されていた逸材でしたが、武運つたなくその志半ばにして倒れたのです。神の嫉妬を買ったのでしょうか…。   
   
ぼく個人としては、夏のコミックマーケットで初の個人製作同人誌を出したり (部数が少なかったのであっという間に完売し、現在作者の手元に一冊もありません)、冬にはほかのサークルのイラスト誌に寄稿させていただいたり、比較的絵を描いていた一年だったように思います (もともとこのブログはモータースポーツの資料的な面を重視したかったこともあり、絵描きだとか、同人活動系のことはこのブログではあまり書かないことにしていたんですが、どうしましょうかね)。そのせいと、実生活のスケジュール管理が杜撰だったあおりでブログの更新頻度はほぼ下げ止まりを記録し、当初「夏頃までには」と思われていた962C連載記事の完結が12月末までずれ込むという有りさま。またそのせいで、MMD活動にも大きな影響が及び、通算十回目の参戦となるはずだった第15回杯に至っては、予選に参加した動画を完成させることができなかったうえに、ピンチヒッターとして用意してあった分の動画も、動画記事すら作れませんでした (いちおう動画は作った)。1月~2月にはもうつぎの杯がひかえているわけですが、1月のスケジュールの立て込み具合を鑑みると、参戦できるかどうかについては「微妙」としか言えません。その分をなんとか、面白いブログの記事でも書いて挽回したいわけですが、いままでの流れを見るとこれも難しそうでしょうか?   
   
新年についての展望はまだまったく無い状態ですが、まぁ本音としては動画は作りたいし、記事も書きたいし、絵も描きたいし、かといってリアルのほうの面倒は見なければならないし、おそらく今年もぜんぶ中途半端というか、けっきょく落ち着くべきところに落ち着いているんじゃないかと思いますが、2016年も何卒、当ブログおよび主筆をよろしくお願いいたします。   
   
2015年12月31日と2016年1月1日の間で

 

Simacher

« ポルシェ962C・終りのクロニクル 「終章・1994」 | トップページ | 白い鴉 ~ポルシェ・インディー・プロジェクト (1980)~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1322474/63246840

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年総括+2016年いっぱつめ:

« ポルシェ962C・終りのクロニクル 「終章・1994」 | トップページ | 白い鴉 ~ポルシェ・インディー・プロジェクト (1980)~ »

フォト
無料ブログはココログ

リンクリスト

  • Kumaryoong's Paddock
    ソビエト時代の東側諸国におけるモータースポーツ活動について書かれているたいへん誰得なブログ (褒め言葉)。この辺の史料を日本語でまとめたサイトって史上初かもしれません。
  • 作った静止画一覧
    主にMMDで作った静止画を上げています。最近はこっちの頻度のほうが高いですね。
  • Racing Sports Cars
    ル・マンや旧WEC/WSPC/SWC、さらには旧WCMなど、スポーツカー・レースの参戦車両の膨大な資料写真を有するサイト。ドライバー別・車種別検索機能完備。F1もちょびっとだけあります(70年~82年)。
  • F1-Facts
    1950年イギリスGPより、F1に関する全記録を蒐集・公開しているサイト。各年度リザルトページからマシン一覧・写真ページに飛ぶことができます。あなたの知らない名車に出会えるかも。IEは右クリックでの画像保存が出来ないので、PCに保存する際はFireFoxなどを使用してください。
  • 誰得 (boulog)
    謎多きF1マニア(?)、bou_ckさんのブログ。「Wikipediaに載ってないような脳内資料置き場」を標榜するだけあって、その名に恥じぬディープ過ぎるF1マシン解説!Wikiどころか、ネット上にもそうそう無いようなマシンが目白押し。ちなみに「誰得」とは「誰が得するんだこんなもん」的意味合いのフレーズ。 2015.12.13追記: このほどYahooブログからfc2ブログに移転されました。
  • 作ったもの一覧。
    私の動画作品一覧です。気力の低下と更新頻度の低下はすべからく連動しています。
  • アカクテハヤイ フェラーリエフワン
    沖縄在住のフェラリスタ、Shigeoさんのブログ。1日1更新(原則)でフェラーリのさまざまな話題を取り扱います。レア物のフェラーリミニカー募集中だそうな。
  • METMANIA
    私の作るペーパークラフトの大半はここからきています。ヘルメットのぺパクラって多分ここにしかありません。