« ローラ・ニッサン・グループCプロジェクト・終りのクロニクル ~「白い道」~ | トップページ | 歌姫庭園13お疲れ様でしたetc »

2017年5月 1日 (月)

イベント予定などなど

実現するかどうか分らないことばっかりなので今から告知記事書くのも少々気が引けるのですが、とりあえず今後の同人イベントの参加予定だけでも列記しておきます。   
   
まず6月25日 (日/2017年ル・マン24時間レースの翌週です) に、蒲田駅近くの大田区産業プラザにて開催予定の、「歌姫庭園13」というアイドルマスターシリーズの大規模なオンリーイベントがあるのですが、そこに自分のサークルで申し込みました。正確には歌姫庭園13というでかいイベントの中で開催する、アイドルマスター シンデレラガールズのオンリーイベントである「シンデレラメモリーズ12」というイベントに申し込んだと言うべきでしょうか (例えるなら「世界耐久選手権」の中の「GTE-Amクラス」に参戦を申し込んだ、という具合になるのかな)。   
サークル名は「アルファコルセ」ですが、これはぼくがシンデレラガールズでいちばん好きなキャラクターの「緒方智絵里」が四つ葉のクローバー探しを趣味としていることと、アルファロメオのレース部隊 (アルファコルセ) の象徴である四葉のクローバーのマーク* (伊語「Quadrifoglio Verde」=「緑の四葉」) をひっかけたものです。ほかにも「ダーンヴァル・コンニュー」 (借りた納屋に男三人でこもってF1カーを作っちゃうあたりが同人活動の精神とかぶるので良いと思った) とか「ブレシア・コルセ」 (正しくはスクーデリア・ブレシア・コルセ、地元の自動車クラブがレーシングチームを名乗ってタルガ・フローリオなどに参戦していた。こちらも同人活動に通ずるプライベーター精神) とか、深い紺色で有名なエキュリー・エコッセとか、いろいろ候補はあったのですが、けっきょく四葉のクローバーのキャラクター付けを重視した結果この名前に落ち着きました。自分のサークルで申し込んだとは言っても、同人サークルというのは会社やレーシングチームと違って、立上げにあたっての手続きやら何やらがあるわけではないので、もしかしたらアイドルマスター系のイベントへの参戦は今回だけ、ということになるかもしれませんし、もしかしたら十年ぐらいこの名前で活動するかもしれません。例によって予定はすべて未定なので…。   
   
上でも言いましたが、今回はアイマス系のオンリーイベントなので、出す本はモータースポーツ的な要素を排した、純粋なアイドルマスターの同人誌になる予定で、現在のところ前述の緒方智絵里をメインにしたフルカラーのイラスト本を予定しています。上海娘々賽車隊に寄稿していた頃から数えるともう五年ぐらい同人活動を (隅っこの方で) やってきていますが、モータースポーツ要素のない本を作るのはこれが初めてになります。まだ中身も完成していない状態なのでお見せできるものがなく申し訳ないのですが、無事に脱稿できたらあらためて告知します。ル・マンの翌週なので、もしトヨタが優勝するようなことになれば、時間的・体力的な余裕と相談しつつ何か関連グッズをつくっていくかもしれません。   
   
また、同イベントにおいてサークル「LunAria。」主宰「しもつき。」氏がリリース予定の「緒方智絵里お誕生日合同」誌に、頁数未定 (おそらく一頁) ですが寄稿させていただく予定ですので、こちらもよろしくお願いします。合同誌なのでいろんな参加者のいろんな緒方智絵里が見られることでしょう。もともと緒方智絵里を知っている人が買うもよし、これを機に緒方智絵里やアイドルマスター シンデレラガールズそのものに馴染んでいくのもよしと思います。   
   
歌姫庭園13に関しては、当日静岡県 (富士スピードウェイではないようですが) で開催されるアイドルマスター シンデレラガールズのライブと日付が被っていて、午後からの首都圏ライブビューイングに参加する方々の都合にあわせて、イベントの開催時間が三十分繰り上がった午前10:30~午後14:30に変更されていることにご注意ください。サークル配置などが発表されましたら、この記事に加筆するか、あたらしく記事を立てるかして、ちゃんとした形でアナウンスしたいですね。   
   
8月には夏のコミックマーケットがあるのですが、現時点ではまだ当落もわからない (発表は6月9日とのこと) うえに、現在上記の通り原稿を抱え込んでいるので、夏コミ用の新刊が出せるかどうか不透明です (上記二点はほぼ確実に出ますが…)。なるべく努力はしますが、もし万が一ぼくの方からはなにも出せないということになったら、その節は平にご容赦願いたく思います。最悪の事態に備えてここで先回りして謝罪しておきます。   
   
それでは、運が良ければ歌姫庭園13にてお会いしましょう。みなさんのご来場を (願わくば新刊と共に!) お待ちしています。   
   
*アルファロメオが今日に至るまで使用している四葉のクローバーのマークの起源は古く、1923年にアルファロメオのワークス・ドライバーであったイタリア人ウーゴ・シヴォッチがレースにおける幸運を祈願してこのマークを彼のアルファロメオ・RLに描き、そのレースでみごと優勝したことから、以後アルファロメオのレーシングカーには同じ四葉のクローバーをかたどったマークが描かれることになった。   
当初は白い菱形 (四辺形) の中にクローバーの葉が描かれている意匠であったが、この菱形の四つの辺は、当時アルファロメオ・ワークスに所属していた四人の最有力ドライバーであるシヴォッチ、アントニオ・アスカリ、ジュゼッペ・カンパリ、そしてエンヅォ・フェラーリにちなんだものであった。シヴォッチは1923年タルガ・フローリオの数ヶ月後、皮肉にもクローバーのマークを付けずに参加したレースで事故死したため、白い菱形は三角形にあらためられ、今日よく知られているアルファロメオの四葉のクローバー・マークが誕生したのである。   
時代が下るとともに、四葉のクローバーのマークはワークス・チームのレーシングカーのみならず、市販のアルファロメオ車の中で特にハイパフォーマンスを標榜したモデルにも描かれるようになった。現在アルファロメオは表立ったワークス活動を行っていないため、この四つ葉のクローバーのマークを目にすることができるのは、事実上市販のハイパフォーマンスモデルに限られている。

« ローラ・ニッサン・グループCプロジェクト・終りのクロニクル ~「白い道」~ | トップページ | 歌姫庭園13お疲れ様でしたetc »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1322474/70428146

この記事へのトラックバック一覧です: イベント予定などなど:

« ローラ・ニッサン・グループCプロジェクト・終りのクロニクル ~「白い道」~ | トップページ | 歌姫庭園13お疲れ様でしたetc »

フォト
無料ブログはココログ

リンクリスト

  • Kumaryoong's Paddock
    ソビエト時代の東側諸国におけるモータースポーツ活動について書かれているたいへん誰得なブログ (褒め言葉)。この辺の史料を日本語でまとめたサイトって史上初かもしれません。
  • 作った静止画一覧
    主にMMDで作った静止画を上げています。最近はこっちの頻度のほうが高いですね。
  • Racing Sports Cars
    ル・マンや旧WEC/WSPC/SWC、さらには旧WCMなど、スポーツカー・レースの参戦車両の膨大な資料写真を有するサイト。ドライバー別・車種別検索機能完備。F1もちょびっとだけあります(70年~82年)。
  • F1-Facts
    1950年イギリスGPより、F1に関する全記録を蒐集・公開しているサイト。各年度リザルトページからマシン一覧・写真ページに飛ぶことができます。あなたの知らない名車に出会えるかも。IEは右クリックでの画像保存が出来ないので、PCに保存する際はFireFoxなどを使用してください。
  • 誰得 (boulog)
    謎多きF1マニア(?)、bou_ckさんのブログ。「Wikipediaに載ってないような脳内資料置き場」を標榜するだけあって、その名に恥じぬディープ過ぎるF1マシン解説!Wikiどころか、ネット上にもそうそう無いようなマシンが目白押し。ちなみに「誰得」とは「誰が得するんだこんなもん」的意味合いのフレーズ。 2015.12.13追記: このほどYahooブログからfc2ブログに移転されました。
  • 作ったもの一覧。
    私の動画作品一覧です。気力の低下と更新頻度の低下はすべからく連動しています。
  • アカクテハヤイ フェラーリエフワン
    沖縄在住のフェラリスタ、Shigeoさんのブログ。1日1更新(原則)でフェラーリのさまざまな話題を取り扱います。レア物のフェラーリミニカー募集中だそうな。
  • METMANIA
    私の作るペーパークラフトの大半はここからきています。ヘルメットのぺパクラって多分ここにしかありません。