« イベント予定などなど | トップページ | いちおう生きてます »

2017年6月27日 (火)

歌姫庭園13お疲れ様でしたetc

いろいろ用事があってうかうかしていたら歌姫庭園が終ってしまいました。改めてブログに記事書こうかなと思っていましたが、けっきょくツイッターの方で告知しただけになってしまいまして、ここを見てくださっていた方がいたら申し訳ありません。ル・マンの後の虚脱感とか疲労感が大きく影響していたような気がします。いま思えばトヨタのあの広告は何だったんでしょうかね、いや方向性としてはああいう暑苦しいのは大好きなんだけど…。   
   
当日わが「アルファコルセ」の配置は「シ32」スペース、誰かがツイッターで「C32B」(初代ホンダNSX後期型用の3.2L V6エンジン。JGTC用は途中から3.5Lに排気量アップされ「C32B改」などと呼ばれていたはず?) と見間違えた、なんて言っていましたね。この日は東京全体が朝から雨模様で、そういえばアルファコルセのDTMデビュー戦となった1993年ゾルダーもウェットレースだったなぁ…などと思い出に浸っていましたが、じつは当日の搬入がけっこう時間ギリギリになってしまい、これからの戦いに思いを馳せる時間が正直あんまりありませんでした。この日はウェットコンディションだったことに加え、前の記事で言及したとおりシンデレラガールズのライブに日程が重なっていて (そのためスタート時間も通常より30分繰り上がっていた)、苦しいレースが予想されていましたが、まだスタート前の時点ではどんなレースになるか予想もつきませんでした。   
   
イベントは10時30分に定刻通りのスタート。自分のチームとして単独でこの手のオタク・イベントの実戦に参加するのは初だったので否応無しにテンションが上がる。当日は緒方智絵里メインのサークルがたしか四つほど参戦していて、アルファコルセはその一番端にいたのですが (左隣が智絵里サークル、右隣は工藤忍担当Pのサークルでした)、奥の方にいた智絵里サークル二箇所がけっこう大手と思しきところで、結構コンスタントに人が集まってきていました。一方こちらはといえば、アルファコルセもぼくもアイマス系サークル (絵描き) としてはこれがデビューレースなのである意味仕方ないとはいえ、ほぼ誰も来ない。他サークルの智絵里ちゃん作品を見に来た人が流れで買っていく、というパターンがもうすこしあるかなと思っていましたが、予想に反してそういうパターンがあんまり見られませんでした。なんというか知名度の差をまざまざと見せつけられているようで哀しかったですね。レースで言えば、いざスタートしてみたら周りの車がみんな自車より一周あたり3秒か4秒くらい速い中で、とにかく周回を重ねなければいけない悲壮感とでも言いましょうか。とはいえ途中でレースを投げ出してリタイヤしてしまうのもそれはそれでシャクなのと、とにかく一冊でも多くここで捌こうということで、フィニッシュまで自チームのブースにずっと座っていました。   
実は当日「釣り銭用の500円玉を用意しそこねる」という信じられないミスを犯し、一時はレース続行が危ぶまれましたが、幸か不幸かぜんぜん売れなかったので、このトラブルの影響が殆ど無いままレースを終えました。最終的なリザルトは通算で8冊 (この他取り置き分が一冊あるのでトータルでは9冊)。今回うちの本を買っていってくれた9人の方々には心よりのお礼を申し上げたいと思います。   
   
当日は40冊持ち込んでいったのですが、一日で40冊のうち8冊売れたというリザルトが「デビューレースにしてはまぁまぁ普通」の部類なのか、はたまた「全車に150周ぐらい周回遅れにされながら満身創痍で完走した」レベルなのか、こういうイベントに (コミケ以外で) はじめて参戦したぼくには判断がつきかねますが、とにかくむずかしいレースになってしまったなぁ…というのが第一印象でした。1993年にアルファコルセがDTMでデビューを果たしたゾルダーではレース1、レース2とも同チームのニコラ・ラリーニが制し、デビューレースでダブルウィンという快挙を達成していましたが、やはり同人活動では勝手が違ったというか…。とにかく「参戦を決めたレースにまに合うように車 (作品) を用意して、ちゃんとレースに出走して完走する」ことは達成できたけれど、逆に言うとそれだけで終ってしまったという感じです。たとえばほかの智絵里Pとの交流であるとか、リザルト以外にもそういった要素でもあればすこしは救われていたのかもしれませんが、その辺はぼくの対人能力の低さとかが足を引っ張ってしまった形になりますね…。   
   
かえすがえすも厳しいレースとなってしまいましたが、わがブースに足を運んでくださった参加者の皆さんには重ねてお礼を申し上げたいと思います。ぼくとしては、たった一戦でせっかく立ち上げたチームを畳んでしまうのも本意ではないし、とにかくこのレースから学べることは学んで、次の機会につなげたいと思います。将来の参戦予定ですが、じつは夏のコミケには「上海娘々賽車隊」は落選したので、そのときにどこかのサークルに委託として今回の本を預けるか、または9月23日 (土・この週末はメジャーなレース・シリーズのイベントはどれも被っていないようです) におなじみの東京ビッグサイトで開催される歌姫庭園14に参戦するか、どちらかは実現させたいと思っています。後者に参戦する場合は、状況の許す限り何かしら新しいもの (グッズにしろ本にしろ) を作って持っていきたいですね。そして、これはかなり先の話になってしまうのですが、来年2018年の6月3日 (日付的にル・マン公式テストに被っている気がする) に開催される、シンデレラガールズのキュートアイドルオンリーイベント・「キュートスターフェスティバル」内の緒方智絵里オンリー・イベントへの参戦を計画しています。このイベントで二冊目の新刊を出したいと思っています。いまから画力の研鑽をして、今回の新刊は自分の中で折り合いのつかなかった部分もあったので、その辺を確実につぶして、万全の態勢でレースに臨めるようにしたいです。   
   
…全体的に愚痴っぽい記事になってしまってすみません。正直まだちょっと心の整理がついていないのですが、いずれどこかで気持をリセットして、つぎのレースに向けて進んでいきたいと思います。最後になってしまいましたが、当日ぼくのブースで売り子をしてくださった「りょりょ」(@blanchimont_ryo) 氏に感謝します。当日はありがとうございました。   
   
Simacher

« イベント予定などなど | トップページ | いちおう生きてます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1322474/70982956

この記事へのトラックバック一覧です: 歌姫庭園13お疲れ様でしたetc:

« イベント予定などなど | トップページ | いちおう生きてます »

フォト
無料ブログはココログ

リンクリスト

  • Kumaryoong's Paddock
    ソビエト時代の東側諸国におけるモータースポーツ活動について書かれているたいへん誰得なブログ (褒め言葉)。この辺の史料を日本語でまとめたサイトって史上初かもしれません。
  • 作った静止画一覧
    主にMMDで作った静止画を上げています。最近はこっちの頻度のほうが高いですね。
  • Racing Sports Cars
    ル・マンや旧WEC/WSPC/SWC、さらには旧WCMなど、スポーツカー・レースの参戦車両の膨大な資料写真を有するサイト。ドライバー別・車種別検索機能完備。F1もちょびっとだけあります(70年~82年)。
  • F1-Facts
    1950年イギリスGPより、F1に関する全記録を蒐集・公開しているサイト。各年度リザルトページからマシン一覧・写真ページに飛ぶことができます。あなたの知らない名車に出会えるかも。IEは右クリックでの画像保存が出来ないので、PCに保存する際はFireFoxなどを使用してください。
  • 誰得 (boulog)
    謎多きF1マニア(?)、bou_ckさんのブログ。「Wikipediaに載ってないような脳内資料置き場」を標榜するだけあって、その名に恥じぬディープ過ぎるF1マシン解説!Wikiどころか、ネット上にもそうそう無いようなマシンが目白押し。ちなみに「誰得」とは「誰が得するんだこんなもん」的意味合いのフレーズ。 2015.12.13追記: このほどYahooブログからfc2ブログに移転されました。
  • 作ったもの一覧。
    私の動画作品一覧です。気力の低下と更新頻度の低下はすべからく連動しています。
  • アカクテハヤイ フェラーリエフワン
    沖縄在住のフェラリスタ、Shigeoさんのブログ。1日1更新(原則)でフェラーリのさまざまな話題を取り扱います。レア物のフェラーリミニカー募集中だそうな。
  • METMANIA
    私の作るペーパークラフトの大半はここからきています。ヘルメットのぺパクラって多分ここにしかありません。