« 2018年2月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年6月

2018年6月12日 (火)

CuFes新刊情報

長らくご無沙汰してしまいごめんなさい、特に何事もなく生きていました。状況としては、生活環境がちょっと変わったあたりでちょうどよく体調をかなり崩してしまい、しばらくインターネットをする気力すらなくなり、ひと月ぐらい経ってやっと復帰したと思ったら今度は17日に出す新刊がこのままだと間に合わない! というので、毎日鬼のような顔をして絵を描いたり模型を作ったりゲームであそんだりしていた次第でございます。

さて情報です。きたる2018年6月17日 (日曜日)、12:00~15:30に横浜産貿ホール・マリネリア1Fにて開催される同人誌即売会「Cute Star Festiv@l 02」内オンリーイベント「Clover Fields Cherry」内スペース「エ-04」において、アルファコルセ単体としては二冊目の新刊を発売する運びとなりましたので告知いたします。
本の内容はおなじみ緒方智絵里フルカラー・イラスト本、今回はA4正方形・フルカラー24pで500円となっております。また今回の本には、ゲストとして新進気鋭の切り絵作家「watson」氏、独特な世界観の智絵里イラストで知られる「momomo」氏のお二方をお迎えしております。お二方にはいずれも普段の緒方智絵里とはちがったイメージの作品を寄稿していただくことが出来、そちらも必見の仕上がりとなっておりますので、何卒よろしくお願いします。
今回は体調やスケジュールの関係で、当初予定していた962C本の再販 (冬コミのアレです) や新規グッズまで手が回らず、とりあえず新刊が落ちなかっただけで万々歳、といった感じになってしまいましたが、イラストのほうは散々な結果に終ってしまった前々回 (去年のこの時期の歌姫ですね) のリベンジとばかりに気合を入れ、おおむね仕上がりには満足の行くクオリティになったかと思われますので、横浜という都内から若干離れた会場ではありますが、ぜひお手にとっていただければと思います。

ちなみに、察しの良い読者の皆様はお気づきかと思いますが、6月16日から17日にかけて、2018/19年FIA世界耐久選手権第2戦・第86回ル・マン24時間レースが開催されます。日本時間の日曜正午~15時頃は、フランスではちょうど日曜午前4時~8時頃、ちょうどル・マンでもっとも美しい日の出の時間帯にあたりますが、これを記念 (?) して、当サークルではささやかながらル・マン24時間レースの中継映像垂れ流し (公式アプリなので英語音声) を行いたいと思います。ご興味のある方は (混み具合を忖度しつつ) ぜひ見に来てくださればと思います。

poster-L

« 2018年2月 | トップページ | 2018年8月 »

フォト
無料ブログはココログ

リンクリスト

  • Pixivページ
    自分の描いた絵を置いておく倉庫。当初ニコ静との並行運用だったが今はこっちがメイン (多分…)。更新頻度は高くない。同人イベントの参加情報とかも投下される。
  • Kumaryoong's Paddock
    ソビエト時代の東側諸国におけるモータースポーツ活動について書かれているたいへん誰得なブログ (褒め言葉)。この辺の史料を日本語でまとめたサイトって史上初かもしれません。
  • 作った静止画一覧
    主にMMDで作った静止画を上げています。最近はこっちの頻度のほうが高いですね。
  • Racing Sports Cars
    ル・マンや旧WEC/WSPC/SWC、さらには旧WCMなど、スポーツカー・レースの参戦車両の膨大な資料写真を有するサイト。ドライバー別・車種別検索機能完備。F1もちょびっとだけあります(70年~82年)。
  • F1-Facts
    1950年イギリスGPより、F1に関する全記録を蒐集・公開しているサイト。各年度リザルトページからマシン一覧・写真ページに飛ぶことができます。あなたの知らない名車に出会えるかも。IEは右クリックでの画像保存が出来ないので、PCに保存する際はFireFoxなどを使用してください。
  • 誰得 (boulog)
    謎多きF1マニア(?)、bou_ckさんのブログ。「Wikipediaに載ってないような脳内資料置き場」を標榜するだけあって、その名に恥じぬディープ過ぎるF1マシン解説!Wikiどころか、ネット上にもそうそう無いようなマシンが目白押し。ちなみに「誰得」とは「誰が得するんだこんなもん」的意味合いのフレーズ。 2015.12.13追記: このほどYahooブログからfc2ブログに移転されました。
  • 作ったもの一覧。
    私の動画作品一覧です。気力の低下と更新頻度の低下はすべからく連動しています。