« 2018年8月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月27日 (木)

2018年冬コミおしながき

どえらい久しぶりな更新になってしまって、いやはや面目次第もございませぬ。あいかわらず生きてはいるし、特に病気や怪我や極端な困窮に陥ってもおりません。ただまぁ私生活とかでいろいろあって、遊びほうけていたり原稿を執筆したり原稿執筆中に体調崩したりとかしていたので、今の生活だと連続ツイートの乱文以上の分量でまとまった文章を書くのは難しそう。趣味が多いと大変だな (他人事)。

とまれ今年も年の暮れ、年の暮れといえば冬の風物詩コミ・ケの季節。2018年12月31日、コミックマーケット95に、畏友・各々氏との合体サークル「アルファコルセ by SGR」として、今回も出場します。お品書きは以下の通り。

Menu-JP
主筆からは緒方智絵里をフィーチャーしたイラスト集「night fighter」。夜間戦闘機を意味するタイトルの通り、耐久レースなどで見られる夜のサーキットでの戦いをテーマとした画集です。今回ちょっとしたこだわりで、いつものような「1ページ1イラスト (縦)」ではなく「1見開きに1イラスト (横)」のレイアウトとしました。耐久レースってぼくは日没直前の時間帯と夜明け前後のあの空気感が一番好きなんですが、照らすもののない真っ暗闇の中を、ヘッドライトの灯りだけで切り開いていく真夜中のシーンも、それはそれで絵になるものです。深夜のユノディエールとか、あのへんの感じがたまらないよね…っていう人には共感を得られそうなイラスト集です。例によってこの本、いわゆる智絵里島で頒布するには「お前それ大丈夫なのか」感がありありですが、まぁ人生そういうことは気にしないのがいいんだ、コミ・ケってのはそういうもんです。
各々氏からは、これまた氏のライフワークである富士GCシーズン回顧録の1977年版。各レースの詳細なレポートと分析、また当時の2リッター・スポーツカーの雄姿をいまに伝える精細なイラストを付しています。現代日本においてはとかく傍流に置かれがちなGCというカテゴリですが、当時富士山の裾野のサーキットにはある種の時代精神めいた空気がたしかに存在し、各々氏はそれを語り継ぐのです。氏の言葉を借りるならば、「忘れ去られていいレースなど存在しないのだから」。
グッズとして、今年のモータースポーツ界で一番のビッグニュースであろう「トヨタ、悲願のル・マン初制覇」を受け、優勝直後にピットレーンから表彰台下へ向かうトヨタ・TS050をモチーフにしたアクリル製大判キーホルダーを作りました。くしくも描かれているキャラクターのひとりは、今季シンデレラガール総選挙で、これまた積年の悲願であった初優勝を果たし名実ともに「トップアイドル」となった安部菜々。「くしくも」っていうか選んだのは筆者なんですが、描いた当時は「ブエミン星人」というツイッターのクソみたいな一発ネタのことしか頭にありませんでした。この場を借りてウサミンPの皆さんには謝っておきます。
最後に再版のお知らせです。画像にもあります通り、昨年冬に発売した「962CLovers」を、このたび極小部数 (主にぼくの金銭事情による) ですが再版する運びとなりました。前回買えなかった方にはぜひ購入していただきたいのですが、なにしろ数が少ないです。また悲劇が発生したら平身低頭、平蜘蛛のごとく謝り続けるしか主筆にはできません。ゴメンナサイ…。

いつものことですが、当サークルではマレーシア・リンギットによる支払いを受け付けます。今回も手持ちのリンギット貨が多くないため、リンギット払いを希望の方はぴったりで払っていただくか、運悪くお釣りが出せない場合釣り銭分はすべて寄付として当サークルに投げ銭をしていただくかの二択になる可能性が高いことをここで申し上げておきます。RM20なのでRM10札が2枚、まぁ感覚的には日本の500円玉よりも流通量は多い紙幣だと思うので、ピッタリで揃えるのはそう難しくない気がしますが。

今回サークルスペースは「東4」ホール、「メ・21b」です。昨年冬は東7に隔離されていましたが、ふたたび大ホール (というのか) に戻ってまいりました。当日は外がドチャクソ寒いそうなので、特に待機列に並ばれる皆さんは体温調節にしっかり気を使ってきてくださいませ。それでは、大晦日に会いましょう。
PS. ここまで書いてふと数えてみたら、なんと今年は「1年で」4回しかブログを更新していませんでした。たったの4回、そう4回! まぁ書きたいことはまとまる前にだいたいツイッターに書いちゃうしなぁ…という苦しい言い訳。マジで来年はなんとかしたいです。

« 2018年8月 | トップページ | 2019年1月 »

フォト
無料ブログはココログ

リンクリスト

  • Pixivページ
    自分の描いた絵を置いておく倉庫。当初ニコ静との並行運用だったが今はこっちがメイン (多分…)。更新頻度は高くない。同人イベントの参加情報とかも投下される。
  • Kumaryoong's Paddock
    ソビエト時代の東側諸国におけるモータースポーツ活動について書かれているたいへん誰得なブログ (褒め言葉)。この辺の史料を日本語でまとめたサイトって史上初かもしれません。
  • 作った静止画一覧
    主にMMDで作った静止画を上げています。最近はこっちの頻度のほうが高いですね。
  • Racing Sports Cars
    ル・マンや旧WEC/WSPC/SWC、さらには旧WCMなど、スポーツカー・レースの参戦車両の膨大な資料写真を有するサイト。ドライバー別・車種別検索機能完備。F1もちょびっとだけあります(70年~82年)。
  • F1-Facts
    1950年イギリスGPより、F1に関する全記録を蒐集・公開しているサイト。各年度リザルトページからマシン一覧・写真ページに飛ぶことができます。あなたの知らない名車に出会えるかも。IEは右クリックでの画像保存が出来ないので、PCに保存する際はFireFoxなどを使用してください。
  • 誰得 (boulog)
    謎多きF1マニア(?)、bou_ckさんのブログ。「Wikipediaに載ってないような脳内資料置き場」を標榜するだけあって、その名に恥じぬディープ過ぎるF1マシン解説!Wikiどころか、ネット上にもそうそう無いようなマシンが目白押し。ちなみに「誰得」とは「誰が得するんだこんなもん」的意味合いのフレーズ。 2015.12.13追記: このほどYahooブログからfc2ブログに移転されました。
  • 作ったもの一覧。
    私の動画作品一覧です。気力の低下と更新頻度の低下はすべからく連動しています。