« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月 1日 (金)

2021年いっぱつめ

主筆です。新年に向けての抱負とかそういうのは昨日あらかた書いちゃった気がするので、この記事は簡単に済ませようかと思います。
とりあえず、あけましておめでとうございます。今季のモータースポーツ・シーズンは1月末にデイトナ24時間レース (LMP2クラスにR.T.ネーデルラントやユーラシア×RWR、チェティラーR.など遠征組が多く見どころ)、F1シーズンも暫定的に3月開幕、ル・マンも予定では6月開催ということになっており、昨年ほどの混乱は無いと願いたいです。WECはフォーミュラーEのような年をまたぐスタイルのシーズンを昨年の変則スケジュールの影響もあって廃止し、またコストカットの一環としてイギリス (EU離脱の影響で通関・輸送の手間が増えるためと言われている)、中国などのラウンドが落とされ、年間6戦のコンパクトなスケジュールになりました。新顔としてモンヅァでのレースが追加され、また9月末と少し早い時期になりましたが日本・富士スピードウェイでのラウンドも維持されています。今年こそは開催できるといいなぁ。イギリスは似たような理由でGTWC (旧BES/BSS) もラウンド落とされて、当地のレースファンは大激怒でしょうな…。
同人活動としては、述べたとおり2月のシンステ9に参戦が決定しておりますが、そこから先は白紙です。もしかしたらどこかで歌姫庭園とかにスポット参戦するかもしれませんが、アルファコルセの大きな軸であったコミ・ケが混乱状態にある以上、ある程度あちらが落ち着くまでコミ・ケへの参戦は望めない状況であり、まぁチームとしては片手落ちみたいな状態がしばらく続くかもしれません。レーシング・チームと違って「レースが開催されないと死ぬ」ようなものではないのがせめてもの救いか。
昨日書いた「開かれたコミ・ケ」の話をちょっと補足すると、うちのチームは「アイマス系のオンリー (歌姫とか) は智絵里のイラスト本、コミ・ケでは車ネタと智絵里を絡めたキテレツな本」という棲み分けを行っていて、後者の場合コミ・ケみたいな余程大きなイベントでないと採算が取れないという現実的な事情があります (前者もまぁ売れないっちゃ売れないのだが…)。以前作った962C合同とかCLM合同みたいなのがコミ・ケ専用車? ということになるわけですが、ああいうキテレツなネタはコミ・ケのカオスな空間で売ってこそのものだと思うし、買う方も「うちのチームのファン (いるのか?)」というよりは「一見さん」「会場でたまたま本を見つけた車好き、レース好きのアイマスP」の方が多いと感じるんですよね。なので、いま現在のコミ・ケのように一般の入場者数を大きく制限するとなると、そういう「一見さん市場」がごっそりなくなっちゃうから、更に採算が取れなくなっちゃう。なので参戦したいけどできない…てなわけです。

今年も多分コロナ風邪がらみの馬鹿騒ぎ (マスクめんどくせえ…) はまだ続くと思われますが、本当にマジで去年よりはマシな一年になるといいですね。今年も絵を描くぞ。

2021年1月1日
主筆

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

フォト
無料ブログはココログ

リンクリスト

  • Pixivページ
    自分の描いた絵を置いておく倉庫。当初ニコ静との並行運用だったが今はこっちがメイン (多分…)。更新頻度は高くない。同人イベントの参加情報とかも投下される。
  • Kumaryoong's Paddock
    ソビエト時代の東側諸国におけるモータースポーツ活動について書かれているたいへん誰得なブログ (褒め言葉)。この辺の史料を日本語でまとめたサイトって史上初かもしれません。
  • 作った静止画一覧
    主にMMDで作った静止画を上げています。最近はこっちの頻度のほうが高いですね。
  • Racing Sports Cars
    ル・マンや旧WEC/WSPC/SWC、さらには旧WCMなど、スポーツカー・レースの参戦車両の膨大な資料写真を有するサイト。ドライバー別・車種別検索機能完備。F1もちょびっとだけあります(70年~82年)。
  • F1-Facts
    1950年イギリスGPより、F1に関する全記録を蒐集・公開しているサイト。各年度リザルトページからマシン一覧・写真ページに飛ぶことができます。あなたの知らない名車に出会えるかも。IEは右クリックでの画像保存が出来ないので、PCに保存する際はFireFoxなどを使用してください。
  • 誰得 (boulog)
    謎多きF1マニア(?)、bou_ckさんのブログ。「Wikipediaに載ってないような脳内資料置き場」を標榜するだけあって、その名に恥じぬディープ過ぎるF1マシン解説!Wikiどころか、ネット上にもそうそう無いようなマシンが目白押し。ちなみに「誰得」とは「誰が得するんだこんなもん」的意味合いのフレーズ。 2015.12.13追記: このほどYahooブログからfc2ブログに移転されました。
  • 作ったもの一覧。
    私の動画作品一覧です。気力の低下と更新頻度の低下はすべからく連動しています。