« 2021年2月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年3月

2021年3月14日 (日)

"dnr" ライナーノーツ

もともとぼくは「自分で自作品の解説をする」という行為をどこかダサいと思っている節があって、例えば気のおけないオタク仲間の集まりで話すとか、(2021年3月現在実現してないけど) 金を積まれて解説記事/文章を書いてくれと頼まれたとか、そういう場合以外でぼくが描いた絵の解説…というか説明というか、そういうことはあまりしたくないと思っているんですよね。説明と言っても技巧的な説明、つまり「この描写は何枚のレイヤーをどのモードで重ねて何色を塗ったものだよ、使ったブラシはこのソフトのこれで太さは何pxね」的なことは頼まれればいくらでもするし積極的にする用意もあるけど (そういう講座記事って需要あるか?)、そうじゃなくて絵のバックグラウンドというか、「この絵の元ネタ、インスピレーションはこれこれこんな状況で、この描写は何に対するオマージュ…」みたいなの。正に音楽で言うライナーノーツですよ。あれが苦手。別に他人が語る分には好きにすればいいと思うし、好きな絵だったらそういうのがあれば読みに行くけど、自分でやるとなるとね。

ただ心境の変化というか、昨年ル・マン→今年シンステで出した「dnr」(リンク先はメロブの販売サイト。この記事で興味が出たらぜひ買ってね) という画集、あれは表紙絵だけが描きおろしで、あとは今まで出した本に載せた絵と、描いたけど本には載せなかった絵の集合体、いわゆる総集編というやつでした。もともとサークル「アルファコルセ」三周年の区切りとして出そうと思った本だし、描いてからずいぶん時間が経った絵も多いので、ぼく個人の備忘録みたいな意味でも、大声で喧伝することはしないけど、とりあえず書き留めて置いておくぐらいのことはしておいていいんじゃないかな、と思い始めた次第です。画集のライナーノーツなのでとりあえず文章だけ、本文は念の為というか、絵っていうのは作者の考えの押しつけじゃなくて、見た人がそれぞれの違う「何か」を読みとってくれればいいなぁと思ってるので、格納しておきます。あくまでも「作者は描いてる時こんなこと考えてたよ」程度の、まぁメモ書きみたいな感じで。もしかしたら今後も (総集編に限らず) 本を出すごとにこういうライナーノーツ的な記事は書くかもしれません。書かないかもしれませんが。もう読みたくて読みたくてしょうがないから是非書け、という奇特な方がもしいらっしゃれば、ここのコメント欄なりツイッターなりでコンタクトしてくださいませ。とりあえず前フリとしては以上です。当然ですが、「dnr」を持ってないし買うつもりもないよ、という方にとってはこの記事は何の役にも立ちませんので、その点あしからず…。


 

続きを読む ""dnr" ライナーノーツ" »

2021年3月 4日 (木)

シンデレラステージ9step参戦記

主筆です。表題の通り、21/2.に神戸国際展示場・2号館で開催されたデレマスのオンリーイベント「シンデレラステージ」に参戦し、無事生還しましたのでデブリーフィング記事でも書きます。

東京→神戸は昨年と同じく夜行バス。昨年は東池袋発 (サンシャインビル地下のあそこ) だったのが今年はバスタ新宿発の便で、神戸どころかバスタに行き着くまで若干迷うというインシデントはありましたが、無事乗り場までたどり着き定刻に発車。今回は眠剤も忘れなかったので、まぁ快適とは行きませんでしたが概ね熟睡することはできました。ただバスの座席が前回使ったものより狭く、そこは若干辟易しましたね。

例によって到着地・三宮で道端に放り出されるわけですが、去年は0730着の便だったので時間を持て余し、土地勘の無い場所でウロウロしていたのですが、今年は1時間遅れて0830着。売り子氏との現地での集合時間を0930に設定していた (今年は1130開場に戻ったので、サークル入場時間も早まった) のであまり時間的余裕がなく、とりあえず三宮駅近くのマクドナルドで朝食をとり、ガチガチになった腰を少し休めてからポートライナーで例の人工島へ。そういえば前回道に迷う原因になった「JR三宮→ポートライナー三宮」間の工事はまだやっていたようです。今回は前回と違うルートでポートライナー側に出たので、特に工事にかち合ったり道に迷ったりすることなく乗車でき、この点は幸運でした。日本はどこの街、どこの駅に行っても頭上を見れば大体「○○線の○○駅はこっち」みたいな標識があって便利ですよね。ポートライナーの車窓から例の赤いタワーが見えましたが、思っていたよりずっと背が低く若干拍子抜け。ただ流石に港の街というだけのことはあって、車窓風景の神戸港一帯はなかなかいい眺めでしたね。ゆりかもめも台場付近の東京湾岸を見られる位置取りだけど、景色の綺麗さは神戸が勝っているかも。

さて0930、サークル入場開始時間ぴったりに売り子氏と合流し設営へ。前回設営前からダウンした教訓を鑑みレッドブルの大缶2本・ブラックコーヒー大瓶1本というカフェインジャンキースタイルで臨んだため、例によって15~20分ぐらいでパパパッと設営完了。設営後も売り子氏といろいろ雑談したり、椅子でダウンしていた去年の教訓をしっかり汲み取れていることを実感。
レースは1130~1530の4時間レース・フォーマットに戻されましたが、参加サークル数は疫病の影響を受けてかトータル500前後、欠席チームが目分量で2割か2割半ぐらいいたので実際に出走したチームは350ぐらいかな。去年はそれぞれ800、600だったので (シンステ本来の規模としてはこれぐらい)、ちょっと絵面が寂しい感じが拭えない。智絵里島がひどくて、スペース的には机1列ズラッと確保してあったのに、実際に出走したのはうち含め3チームしかいませんでした (しかも1チーム途中で帰った)。

Eutlcpvuyaahal8
Eutlczsveaako8h
アルファコルセ最新鋭設営道具、hpi製1:18 アルファロメオ・155 V6 TI 1993年DTMチャンピオン Nr8 ニコラ・ラリーニ。クソほど場所を取りますが、置いておくと目立つので客引きにはいいし、何より緒方智絵里の象徴「四つ葉のクローバー」のマークがありますからね。その上のアルファロメオ・サウバーF1のモデルカーも智絵里ちゃんマーク目当て。今回は敷布を忘れずに持ってきたぞ。

1130のグリーンフラッグとともに一般参加者が入ってくる。目分量では去年とそんなに勢いは変わらなかったかも (当初ぼくは「去年より少ないかな」と見積もっていましたが、去年もいた売り子氏いわく「同じぐらいだと思う」)? 今回は回りたいサークルがほぼ無かった/欠席していたことで、結果的にチェッカーまで自ピットに張り付くことになり、なんとなくですが売れ方の趨勢みたいなものは掴めました。今回はなんといっても前半と後半の落差がすごかったですね。一般もチームも、4時間レースの前半2時間 (1330ぐらいまで) はわりあい盛況で、その時間をすぎるとクロパトキン将軍の軍勢がごとく一斉に撤収! と。前述の途中で帰っちゃった智絵里サークルもこれぐらいの時間帯にいなくなっていた記憶。新刊交換でもしたかったのですが、ちょうどぼくがお手洗いに立った間に帰られちゃったんですよねぇ…。悔しい。実際にぼくの記録した売上表を見ても、売上は前半に集中していて、1400以降は何も売れていません。1530付近の会場のスカスカさ加減といったら、もう涙がちょちょ切れんばかりの寂しさでしたな。
とまれ売上自体はそんなに悪くはなくて、やはり「準」新刊 (関西で出したことがない) なので比較的多くの人に手にとっていただき、また購入していただきました。総じて事前予想よりも売上はあったかな (事前予想がちょっと悲観的すぎただけかもしれませんが)。準新刊1種、既刊2種を持ち込んで、うち既刊1種が完売できたので、まぁ及第点以上のリザルトではあるでしょう。昨年ル・マンの智絵里オンリーよりはずっとマシな数字で、やはりシンステは腐っても (?) シンステなのだなぁ。
終了間際に運営の方がスペースに来て、「今日はどうだった」みたいなことをちょっと話したのですが、動員数の数字で言えば前回と今回でそんなに差はなかったらしいです。チーム数が減ったことで一般参加者の行動パターンが変わって、それに引きずられてチームもレース途中での撤退を選ぶケースが増えたのかな、などと思ったり。

去年と違って終了後にグロッギーになって死ぬようなこともなかったので、PS4コンを探す売り子氏に案内されて、モデルカー通販購入でよくお世話になっているJoshin (上新電機) の実店舗を見に行くことに。ヨドバシは関西にもあるけどJoshinは関東には無いんですよね。ただモデルカー類の品揃えはやはり大阪方面の店舗が強いようで、今回行った店舗はそこまで豊富なラインナップ、って感じでもありませんでした (ここで大珍品とか置いてあっても予算の都合で買えなかったんだけどね)。ちなみにPS4コンはこのJoshinには売っておらず涙をのむ。

参戦記事で書いた通り、考慮の結果今回の新刊に充当するはずだった印刷代で新幹線のチケットを買ってあったので、16時ぐらいに売り子氏と別れて、地下鉄で新神戸駅→新幹線で東京の帰投ルートへ。時間の融通が効くように自由席のチケットにしたのですが (どうせオフシーズンなので誰も乗ってないだろ、という予測の元)、駅弁を買ったり何だりで1700ぐらい発車の便になる。誰もいねぇかと思いきや自由席は4割ぐらい埋まっており少々意外な感じ (23/2が天長節のお休みだったので、有休で連休を作って遠出する人とかいたんだろうかね)。お茶を飲みつつ、暮れなずむ車窓風景を見ながら「お嬢様特急*」のED曲を流したりして雰囲気に浸っていました。そうしたら1時間ぐらい寝落ち。車内で夕食ということで買ってあった駅弁と、車販の有名なカチコチアイス (個体差なのか、ぼくが買ったやつはそんなにガチガチでもなかった。しばらく放置しておいたからか?) を食す。アイスはともかく弁当は美味とまでは行かない感じだったけど、まぁこういうのは旅情代ですからね旅情代。二階建て客車も食堂車も消えてしまったいま、車内で食う駅弁だけが新幹線に残った唯一の「風情」というわけよ。臨時に新幹線を召喚した去年と違って、最初からちゃんと帰投計画まで立てて臨んだので、日が変わるずっと前に領事館 (自宅) 着。もうちょっと早い便の新幹線でもよかったかも。

アルファコルセ2回目の関西遠征でしたが、やはり初回と比較すると「事前の計画立案の重要性」を嫌というほど思い知らされましたね。「夜行バスで神戸入り→当日早めの新幹線で帰投」という日帰りルートは、設営道具ほか大荷物を抱えて移動しなければいけないぼくにとっては最適解のような気がします。せっかく神戸くんだりまで行ったんだからちょっとは観光して来いよ、なんて言われそうですが、現実問題パンパンのリュックにキャリーケースをガラガラ言わせながら神戸名所を巡るのは体力的にも無理がありますね。予算をつぎ込んで泊まりプランを立てない限り永遠に「シンステ参戦」と「神戸見物」の両立はできない気がします。そもそもぼくはあんまり観光目的で遠くに旅行に行くタイプの人間じゃないですからね…。

さて、以前も書きましたが、今回出した刊行物のうち「dnr」と「ガランス」はメロンブックスのオンラインショップにて購入することもできます。前回智絵里オンリー、また今回シンステに参戦できなかった方で、「欲しい」という方はぜひご利用ください。残念ながらオリジナルポストカード・名刺は現地購入特典となりますが…。そういや今回は前回みたいに「メロンの担当者さんが現場で待機していて、売れ残りをすぐ委託分として引き取ってくれる」サーヴィスは無かったような気がするな。どのみち今回は新規頒布物が無いので利用する予定はありませんでしたが。

最後になりましたが、2年連続で売り子ほか様々な任務 (案内など) を引き受けてくださった「きんざん」氏に、サークル「アルファコルセ」を代表して最大限の謝意を捧げます。氏なくして今回の遠征成功はあり得なかったでしょう。本当にどうもありがとうございました。

Euv50owvgaqaxve

*お嬢様特急: 「おじょうさまエクスプレス」と読む。初代PSで出ていたギャル・ゲ。もともとはラブライブ! 同様、電撃G'sマガジンのゲームブック風誌上連載企画からスタートしたもので、稚内から「夢の崎」(枕崎がモデル?) まで日本を縦断する豪華超特急・「ヴェガ」に乗って旅をする主人公が、同じく「ヴェガ」に乗り込んでくる女の子を攻略するスタイルのゲムー。ゲーム中で出てくる「ヴェガ」の外観が、白地に青帯の新幹線っぽい見た目をしている。

« 2021年2月 | トップページ | 2021年7月 »

フォト
無料ブログはココログ

リンクリスト

  • Pixivページ
    自分の描いた絵を置いておく倉庫。当初ニコ静との並行運用だったが今はこっちがメイン (多分…)。更新頻度は高くない。同人イベントの参加情報とかも投下される。
  • Kumaryoong's Paddock
    ソビエト時代の東側諸国におけるモータースポーツ活動について書かれているたいへん誰得なブログ (褒め言葉)。この辺の史料を日本語でまとめたサイトって史上初かもしれません。
  • 作った静止画一覧
    主にMMDで作った静止画を上げています。最近はこっちの頻度のほうが高いですね。
  • Racing Sports Cars
    ル・マンや旧WEC/WSPC/SWC、さらには旧WCMなど、スポーツカー・レースの参戦車両の膨大な資料写真を有するサイト。ドライバー別・車種別検索機能完備。F1もちょびっとだけあります(70年~82年)。
  • F1-Facts
    1950年イギリスGPより、F1に関する全記録を蒐集・公開しているサイト。各年度リザルトページからマシン一覧・写真ページに飛ぶことができます。あなたの知らない名車に出会えるかも。IEは右クリックでの画像保存が出来ないので、PCに保存する際はFireFoxなどを使用してください。
  • 誰得 (boulog)
    謎多きF1マニア(?)、bou_ckさんのブログ。「Wikipediaに載ってないような脳内資料置き場」を標榜するだけあって、その名に恥じぬディープ過ぎるF1マシン解説!Wikiどころか、ネット上にもそうそう無いようなマシンが目白押し。ちなみに「誰得」とは「誰が得するんだこんなもん」的意味合いのフレーズ。 2015.12.13追記: このほどYahooブログからfc2ブログに移転されました。
  • 作ったもの一覧。
    私の動画作品一覧です。気力の低下と更新頻度の低下はすべからく連動しています。